針葉樹

 針葉樹は薪としては、どうなのでしょうね。


 個人的には、「薪です。普通に薪です。充分使えますよ」と声を大にして言いたいです。


 私の知り合いの方は、消費する薪のそのほとんどが針葉樹の薪、だなんて人もいます。業者さんに煙突掃除をしてもらって、作業後に「普通の煤の付き方です。全く問題ないです」と言われていました。偶然その場に私はいまして、じかにそれを聞いていました。

 

 松なんて、もう本当に普通ですね。杉にしたって、大きめの物なら持ちも悪くないですし、普通の量ならそんなに言うほど高温になりません。




 樹種を気にするのではなく、薪をくべる時の炉内温度を気にするべきでしょうね。

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

この数ヶ月、伐採の依頼を何件か頂いています。ありがとうございます。 どの現場も地主さんからかなり融通が利くようにご配慮を頂いています。 「時期はいつでもいいよ」 ありがたいです。まあ秋以降になりますが。 「自由に切ってもいいよ」 これはさすがに限度というものがありますが。 来年の薪は、確実に潤沢に用意できます。これは間違いない。 薪のお客様、正直今シーズンは皆様にご迷惑をおかけするのは確実だと思い

困りました。またしても薪が足りなくなってきました。 予約販売だけで、もう来シーズン(今年の秋以降)の薪が心配になるくらい、売れています。嬉しい悲鳴です。でも、現実を考えると、そんな悠長なことを言ってられません。 このままだと例えばニセアカシア薪なんかは、シーズンインした時にはあまり残ってないと思います。 なんてことだ!! 去年暮れから、一昨年以上に原木を集めていたのですが、ありがたいことに私の予想