来シーズンの薪を仕込む日々

 毎日、せっせこせっせこと薪を仕込んでおります。


 今シーズンにお買い上げいただいた薪は、長さも太さもバラバラで、不格好で、おまけにカビが生えていて・・・。すご~く良い言い方をすると「アウトレット薪」です。


画像はこの程度のものにしておきます。ヒドいものは、「この薪は炭かぶせてるの?」って感じです。当然燃やすには全く支障ないのですが。よく乾燥していて火の付きがいいです。


 いつぞやに言われたんですよね。「一回雨に濡らして置いておくんだよ。そうしないと虫がわくよ」と。「そうなのか。素人考えだと湿気た木のほうが虫がつきそうだが、そうじゃないんだ。いいこと聞いた。覚えておこう」


 そして・・・

 

 置いておく期間が長すぎた!!


 放置しすぎたせいで薪がカビだらけ・・・。まあたしかに虫はわかなかったけど・・・。



 先日も、お客さんから「安すぎない?」と言われました。アウトレット薪ですからね。他で売られているような金額設定はできないですよね。


 しか~し、来シーズンは違いますよ!見かけの良い薪をお約束いたしますよ!




       ご期待ください!!




    



閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

この数ヶ月、伐採の依頼を何件か頂いています。ありがとうございます。 どの現場も地主さんからかなり融通が利くようにご配慮を頂いています。 「時期はいつでもいいよ」 ありがたいです。まあ秋以降になりますが。 「自由に切ってもいいよ」 これはさすがに限度というものがありますが。 来年の薪は、確実に潤沢に用意できます。これは間違いない。 薪のお客様、正直今シーズンは皆様にご迷惑をおかけするのは確実だと思い

困りました。またしても薪が足りなくなってきました。 予約販売だけで、もう来シーズン(今年の秋以降)の薪が心配になるくらい、売れています。嬉しい悲鳴です。でも、現実を考えると、そんな悠長なことを言ってられません。 このままだと例えばニセアカシア薪なんかは、シーズンインした時にはあまり残ってないと思います。 なんてことだ!! 去年暮れから、一昨年以上に原木を集めていたのですが、ありがたいことに私の予想