昨日、こんなことがありました・・・

 週間天気予報を見ていますと、いよいよ冬本番の天気になりそうですね。


 ところで昨日、原村に薪の配達に行った帰りにこんなことがありました。

 

 配達を終えた私は長い緩やかな下り坂を、降りて行っていました。

 すると、あれは段ボールでしょうか。大きな畳まれた平べったいもの3、4枚を自転車の前かごに入れた男性が、自転車を押して歩いていました。「入れた」というよりは「前かごに置いた」という表現の方が正しいかもしれません。まったく前かごに「入って」いませんでしたから。

 私は、一瞬は通り過ぎたのですが「いや、この長い上り坂を、それは無理でしょう」と思い、数メートル戻り、窓を開けて、

「どこまでですか?乗っけていきますよ」

と声を掛けました。すると意外なリアクションが。その人はビックリした表情で、

「す すみません!」

そう言って、自転車を押して走り出しました。まるで「逃げるよう」でした。


 出川なら絶対「why?」と言うでしょう。


 なぜ「すみません!」なのだ・・・・。なぜ逃げる・・・・。


 私はそんなに悪い人ではありません。



 ちなみに、その数分後、バッテリーから引いていたコードがショートしてしまいました。助手席の下から発火するわ、煙が充満するわ、で危ないところでした。

 


        ハハハ・・・・、えっ!?



閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

この数ヶ月、伐採の依頼を何件か頂いています。ありがとうございます。 どの現場も地主さんからかなり融通が利くようにご配慮を頂いています。 「時期はいつでもいいよ」 ありがたいです。まあ秋以降になりますが。 「自由に切ってもいいよ」 これはさすがに限度というものがありますが。 来年の薪は、確実に潤沢に用意できます。これは間違いない。 薪のお客様、正直今シーズンは皆様にご迷惑をおかけするのは確実だと思い

困りました。またしても薪が足りなくなってきました。 予約販売だけで、もう来シーズン(今年の秋以降)の薪が心配になるくらい、売れています。嬉しい悲鳴です。でも、現実を考えると、そんな悠長なことを言ってられません。 このままだと例えばニセアカシア薪なんかは、シーズンインした時にはあまり残ってないと思います。 なんてことだ!! 去年暮れから、一昨年以上に原木を集めていたのですが、ありがたいことに私の予想