我が家の息子は、

更新日:2021年2月2日

 我が家の息子は、このところ「焚付材」作りに夢中です。


 2袋で50円。お得価格ですよね。まあ子供が作るものですから1袋はそんなに大きくないです。

                こんな感じです。


 

親バカでして、薪を下見に来たお客さんに「息子が束にした焚付材なんです」と言って、イヤと言わせないような空気を作りましてね。まあ言ったら「押し売り」ですよね。ご購入いただいて。で、「売れたぞ」と伝えたときの喜ぶ顔を想像してね。


 かと思えば、薪配達に息子が付いて来たときのことです。私が薪をお客さん宅の薪ラックに運んでいる間に、奥さんに焚付材も買ってくれるように交渉しているんですよ。まあ、交渉というより「お願い」ですよよね。「買ってください」って。

 当然、そんなの断わられるわけないですよ。子供にニコニコしながらお願いされたら。奥さんに喜んでお買い上げいただきました。(ってそんな空気を作った親子〔汗〕)

 4袋100円でした。っていつの間に焚付材を積んでいたんだろう。

 帰りの車の中では、息子はえらい上機嫌でした。いや、もう興奮ですよね。非常に饒舌でして、その日は冷たい雨の日だったのですが、その熱量のせいでガラスがくもりまくりでした。

 おまけにミネラルウォーターまでもらってしまいまして、もう恐縮です。ありがとうございました。


 考えてみますと子供たちは、木のことで知り合う方々に大変よくして頂いています。

 改めまして、皆さんどうもありがとうございます。



         ちなみに息子はその後1袋あたりの量を増やしました。

         右が増量版。よく見ると倍近くに増えています。


        今後は、焚付材を1束(1袋)70円で販売します。

        1束の量はスーパーのビニール袋Lサイズ1袋分です。


 ホームセンターなんかで箱詰めされて売られているような焚付材に比べたらかなりお得な値段だと思います。


つくづく親バカですが、願わくは、焚付材の注文がいっぱい入って、息子を忙しくしてやりたいです。「お父さんにも手伝わしてくれ」なんて言ってみたいですね。

  


 2月になります。薪の買い増しはいかがでしょうか。ご注文を待っております。


 

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

この数ヶ月、伐採の依頼を何件か頂いています。ありがとうございます。 どの現場も地主さんからかなり融通が利くようにご配慮を頂いています。 「時期はいつでもいいよ」 ありがたいです。まあ秋以降になりますが。 「自由に切ってもいいよ」 これはさすがに限度というものがありますが。 来年の薪は、確実に潤沢に用意できます。これは間違いない。 薪のお客様、正直今シーズンは皆様にご迷惑をおかけするのは確実だと思い

困りました。またしても薪が足りなくなってきました。 予約販売だけで、もう来シーズン(今年の秋以降)の薪が心配になるくらい、売れています。嬉しい悲鳴です。でも、現実を考えると、そんな悠長なことを言ってられません。 このままだと例えばニセアカシア薪なんかは、シーズンインした時にはあまり残ってないと思います。 なんてことだ!! 去年暮れから、一昨年以上に原木を集めていたのですが、ありがたいことに私の予想